QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2011/08/24 Wed  01:39
四章 『誓い』(薄桜鬼 土方×沖田)

BL要素を含みます、苦手な方はご遠慮下さい。
途中からR18指定の内容も出て参りますので、ご容赦下さい。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2


四章 『誓い』(黎明録 土方歳三)

 
(文久三年九月)

 今思えば、本当に俺も、近藤さんもあの頃は甘すぎたのだ。
 総司の方がよほど、覚悟ってもんを持っていた。
 今は甘くなくなったのかといえば・・・まぁ多分、まだまだなのだ。
 いつだって総司に教えられてしまうのだ。
 自分の甘さを、守りきれなかった事実を・・・・。


 総司には、人斬りなんてさせたくないと想っていた。
 思っていたのに、江戸から京都までつれてきちまったのがそもそもの間違いだったのかもしれねぇ。
 総司を好きという気持ちに踏ん切りも付けれず、かといって、危ない場所に置きたくないという思いも募る一方。
 そうして、つれてくるだけ連れてきておいて、今更、帰れと言って、納得して帰るようなそんな奴じゃないと本当は知っていたはずなのに。
 その結果がこれだ。
 わかっているつもりで、結局ひとつもわかっていなかった。
 だから、俺たちは・・・・俺は、総司に人斬りをさせてしまったのだろう。
 芹沢さんに影響されすぎていることまでわかっていたはずなのに、最悪の道を歩かせてしまった。
 どんな思いで総司が京都までついてきたのか、なんで俺につっかかるのか。わかっていた、はずなのに。

 「あなた方は甘すぎるのですよ。彼のことは、私にまかせてください」
 そう、山南さんは言ったが、いつかはきっちり形をつけなきゃいけねぇことだ。
 今までの俺のやり方じゃいけねぇ、近藤さんを押し上げて、この新選組を作り上げてくためにも、総司のためにも。
 どうせもう、後にはひけないのだ。前に進むしかないのなら、このままにしていて良いわけがない。


 「総司、入っていいか?」
 総司の部屋の前で足を止め、蝋燭の明かりでほの明るくともされた部屋の主を呼ぶ。
 「なんですか?僕、忙しいんですけど。刀も手入れしとかないといけないですし」
 しかし、思った通り、『拒絶』という看板を立てかけた声音が帰ってくる。
 「そういわずに、入れてくれねぇか?」
 ここで引くわけにはいかず、極力、静かに諭すような声で念押しの一言をかける。
 長い沈黙のあと、スーッと中から障子が開いた。
 いつの間にか、自分より高くなっていた長身が廊下にたつ俺を冷たい顔をして見下ろしていた。
 俺の姿を一瞥だけして、フイッと顔をそらして、また中に戻っていく。
 入っていいとは言わなかったが、障子を開けたまま戻っていったのは良いという証だろう。
 そうでなくても、自分がここを立ち去るつもりはないが。

 部屋に入り、障子を閉め、総司の差し向かいに腰をおろす。
 総司が居心地悪そうに顔をそらした。
 江戸に帰れと言ったあの日を境、芹沢さんにそそのかされて、嫌、違う。
 総司は確かに自分の意思で、殿内という隊士を斬った。
 けれど、さらに大阪で、力士を斬ったことを近藤さんに怒られてからずっとそうだ。
 こうやって、目線の先に立とうとすると必ずそれをそらそうとする。
 刀の手入れがと総司はいったが、見たところ、そんな気配はひとつもない。
 愛用の刀も、鞘におさめられ、部屋の隅に並べられている。
 手入れ用の道具が広げられている形跡もなかった。

 「総司、お前に話しておきたいことがある」
 「・・・・」
 「前に、江戸に帰れっていったことの・・」
 「嫌です!!」
 間髪いれず、話もろくに最後まで聞かずに、総司が叫ぶ。
 俺はそれをうけて、目を閉じ、深いため息をつく。
 そして少し強い口調で言った。
 「いいから聞けっ」
 「嫌ですっ!!」
 すぐまたかぶせるように叫ぶ。
 「あぁもうっ」
 話をしようとすると嫌だと叫ぶ。
 らちのあかない総司に自分も少々いらだち、そしてつい、総司に手をのばした。
 身構えすぎて、逆に体勢をとりそこねたのか、総司はいとも簡単に自分の下敷きになる。
 その下で総司が瞠目し、なされるままに見上げている。
 もう少し穏便に話をしようと思っていたのに、こういうところがダメなのだとまた山南さんあたりに言われてしまいそうだ。
 あの芹沢さんにもきっとバカにされるのだろう。
 それでもどうしても伝えておきたかった。
 思わず押し倒した腕の力を少しぬき、それでも逃がさないように、上から見下ろしたまま、言葉を続ける。
 流れ落ちた黒髪が陰を落とすが、それでも気にはしない。

 「別に、お前を追い返そうとか、もう、思っちゃいねぇよ。だから聞いてくれねぇか?」
 子供に言いきかすように、いくらか口調を優しくする。
 まっすぐ、総司の目を見て、ひとつひとつ取りこぼさないように。

 「近藤さんも、俺も、お前のことが大事すぎて仕方ねぇんだ、江戸までつれてきときながらいう台詞じゃなかったと思う。けどな、それでも、お前には人を斬るとかそんな物騒な世界にいて欲しくなかった。
何を言おうが、総司が近藤さんの為に役に立ちたいって思ってるのは知っているが、それでもまだ、道はあるんじゃねぇかって、今からでも遅くないんじゃないかって、あまっちろい夢を描いちまったんだよ。
結果、お前を傷つけたうえに、一番やらせたくなかったことをやらせちまって、ついていけてねぇ俺がここにいる。」
 観念したのか、総司はおとなしく、その言葉を聞いている。
 時々、言葉の端々に反応して、瞳や体がゆれるが、かまわず続ける。
 「お前の覚悟は、いやってほどわかった。いや、多分、わかっていたのに、気付かないふりをしていた。その結果がこれだからな。何やってんだって自分を責めても責めたりねぇ。
でもな、覚悟をちゃんと決めることにした。だからもう、帰れなんて二度と言わねぇ。近藤さんのためにできることがそれしかねぇってんなら、かまわねぇよ。思うとおりにやればいい。
迷う必要なんてねぇ。後先どうのなんて、考えなくていい。俺が全部責任とってやる。でもな、一つだけ、忘れねぇでくれないか?近藤さんも、俺も、お前を亡くしたくねぇんだ。」

 「土方さん、、それってなんか、すごい告白みたい。ですけど・・・」
 と黙って聞いていた総司がちょっとだけはにかみながら先程とは違い、頬を染めて目線をそらす。
「うるせぇよ。あぁそうだよ、告白だよ、悪いか?!」
 面と向かって言われると恥ずかしくなる。
 多分きっと耳が赤くなってる・・・気がする。
 でも、そのつもりで来た。
 俺はこいつを守りてぇ。その為なら、鬼にだってなんだってなってやる。
 新選組のために、こいつの剣の腕を使わなければならない時はきっとこれから数え切れないくらいある。
 そのたびに、血なまぐさく、汚れていく総司を見続けなきゃならねぇだろう。
 誰からでもない、俺の口でそれを命じることになるのだろう。
 だからこそ、もう逃げないと決めた。総司から、総司の思いから、総司への思いから。
 「あはは、土方さんって・・めちゃくちゃすぎるんですよ・・。こんな、雰囲気も何にもない告白・・・でも・・」
 総司が少し、困った顔で俺を見た。
 そういえば、さっきから総司を押し倒したままだった・・!!と思い、なんだかそれすら恥ずかしくなってくる。

 この体制をどうしようかと思わずキョロキョロしてしまう。
 それをおかしそうに、総司が笑った。
 「な、なんだよ?」
 「・・・・すごいなぁって、、、思っただけですよ」
 「なんだそれは、俺はこれでも真剣に!!」
 確かに色気も雰囲気もあったもんじゃない。
 勢い任せの告白など、馬鹿もいいところだ。
 いろいろ取り繕っても旨くいかないのはわかっているが、とにもかくにもこの体制をどうにかしようと体をおこそうとするとそれを拒むように、総司に前襟をつかまれて引き戻された。
 「総司!」
 引っ張られて、押しつぶしてしまいそうで、肘をついて自分をささえる。
 ひきあげようにも、総司の腕の力にはばまれて無理に起き上がることもできなくなった。
 「ちょっとだけ、そのままでいてくださいよ。」
 「総司?」
 落ち着いて見てみると、俺の胸に顔をうずめた総司の肩が小刻みに動いていた。
 笑っているのではなかった。
 「総司・・・・」
 力をぬき、少し体重を横にずらすと、俺は総司をそっとひきよせながら、柔らかい、茶色の髪をなでた。
 泣く子をあやす親のように。
 総司が離れるその時まで、優しく何度も髪をなでた。

 もっと早く、こうすれば良かったな・・。

 子供の時から、一人、天然離心流の道場にあずけられて、兄弟子たちに虐められて、それでも負けずに上をむいて歩いてきた泣かない子供。
 いつか強くなって見返してやる。
 その思いは、やがて、近藤さんへの思いにかわり、近藤さんの為に強くなりたい。
 そればかり考えて、さして成長しない子供の心のまま、大人の顔をすることがうまくなった。
 そして一人、ずっと深い奥底で涙を押さえ込んで生きていた。
 知っていたはずなのに、泣かしちまった。
 近藤さんと仲良く話す俺の姿を見て、総司は何を思っていたのだろう。
 どれだけ慕っても近藤さんの隣には立つことができない自分。
 その思いを隠して隠して、ただ、近藤さんのようになりたくて、なれなくて、一番好きなはずの近藤さんを騙してでも、彼のためにありたいと、誰よりもその剣を握る覚悟を決めて。
 近藤さんがそれを望まないことを、本当は一番総司が知っているのだ。
 知っていてもそれしかなかった。
 
 『・・・すごいなぁって思っただけです』

 そして、ずっと俺を羨望の眼差しで見つめながら、いつ、それが、近藤さんへの思いから俺への思いにすりかわったのさえ、気づかずに。
 否、気付いていも、その口は固く閉ざし、抱えたまま歩いていたのだろう。



 「土方さん、僕は、新選組の剣になりますよ。近藤さんを守る剣になるんです」
 胸元に顔をうずめたまた、総司がつぶやく。
 「あぁ」
 自分は体制をかえぬまま、それに答える。
 「こんな僕でも、土方さんはいいんですか?」
 「あぁ、かまわねぇさ。もう決めたんだ。俺は、お前が好きだ。もう逃げねぇよ。だから必ず、近藤さんを押し上げてみせる。お前と一緒に・・・な」


 芹沢鴨暗殺が起こったのはこれからすぐ後のことである。
 迷いのない剣先は、ただ一つ、信じるもののために、冴え渡る夜の静けさを切り裂いてきらめく。
 もう決して逃れられない、終焉へと向けて。

 <続く>
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


三章 『知れば迷いて・・・』(薄桜鬼 土方×沖田) <<         ホーム         >> 五章 『境界線』(薄桜鬼 土方×沖田)<R18指定>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。