QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2013/09/28 Sat  23:05
10/6COMIC CITY新刊【契りの杯】試し読み

こんにちは、ご無沙汰しています。
なんかもう、全く、更新できずで、告知だらけが並んでいて・・・恐縮です。

お待たせしています土方×沖田の10月話は、まさしくな10月から、UPできると思います。
話の枠はできて、1話は、肉付けもできあがったので(^▲^;)
全3話になると思います。もう暫く、お待ち下さると嬉しいです。


というわけで・・・・申し訳なくも、告知から・・・です。
HPの方でも告知しています通り、来週、10月6日開催のCOMIC CITY大阪96にサークル参加いたします。

お品書きをUPしましたので、下のイラストから、リンク貼っておきます。
1006kokutibana-.jpg

直参致しますので、もし宜しければ、遊びに来て頂けると、とっても嬉しいです。
もちろん、お話だけでも大丈夫です。
土沖や、不原はなしに飢えてるので、お話できたらとっても喜びます。



気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2


1006posuta-.jpg
↑当日、こちらのポスターが目印となります。



★☆★
新刊は、不知火×原田で「契りの杯」です。
下から、試し読みとなりますので、参考にご覧下さいませ。


【契りの杯】不知火×原田

 慶応三年十月

 リーンリーンと虫が鳴く。
 空は煌煌と輝く満月。

 こんな日は、ふらりとどこかへ行きたくなる。
 とはいえ、新選組の組長という役職では、あまり羽目を外したこともできない。
 ならば、せめて、永倉か藤堂でもさそって、月見酒と行きたいところだが・・・。
 生憎と今日、永倉は夜の巡察当番で、出かけてしまっていた。
 沖田は、病気で寝込んでいるし、斎藤と藤堂は、伊東について御陵衛士として離隊してしまっていた。
 土方は、酒を飲まないうえに、どうせ小言をいわれるに決まっている。
 原田は、うーんと心の中でうなりながら、屯所の階段に座り、空を見上げた。

 取り寄せた、伏見の酒を一献、とりあえずも一人、杯に注ぐ。
 揺れる水面に月がざわつく。
 原田は、それをくるりと指先で回しながら、しばらくもて遊び、クイッと一気に喉へと注ぎ込んだ。
 ワイワイ騒ぎたい気分でもないが、一人で飲むのも味気ない。
 しばらく手元の杯を手の中で転がしてから、ヨッと腰をあげた。
 酒の入った徳利を指にかけて下げると、階段を降り、草履をひっかけて、庭へと出た。
 そしてそのまま、屯所の外に出て、特に行く当てもなく歩き出した。

 町の中も、どこか、満月の光に酔いしれて、少しばかり浮き足立って見える。
 できれば、新選組の出番なく、平和に一日が終われば良いが、今のご時世、多分、また一悶着起きるかもしれない。
 が、非番の原田としては、できれば今日は、酔いどれ気分を味わいたかった。
 フラフラと歩いて、人気の少ない、神社の一角にさしかかると、階段を登って、赤い鳥居の下をくぐった。

 祭りの時期なら、人だかりができるが、今は閑散として、人気もない。
 ホーッと薄暗い灯籠が、一つ二つ、どちらかと言えば、不気味に光っている。
 原田は、持ってきた徳利を階段の脇に置くと、神社の賽銭箱に一枚、金子を投げ入れた。
 そして、ガランガランと鈴を鳴らす。

 「うるせぇ」
 と、神社の中から声がした。
 原田は気にせず、さらに、鈴をガラガラと鳴らす。
 
 「うるせぇって!」
 中からまた声があがる。
 先ほどより大きな声だ。

 しかしまた、原田は鈴の音を鳴らした。
 「うるせぇって言ってるだろうがっ!!」

 中からひときわ大きく柄の悪い叫び声をあげると、人影が、格子戸を開けて飛び出してきた。
 それはもちろん、この神社の神様!・・・・の訳が無い。

<続く>


★★☆

続きは、本誌にて。

ご覧頂き、ありがとうございました。
楽しい一日になりますように。

いつも、拍手や、閲覧、本当にありがとうございます。
嬉しい気持ちを、いつもいつも返せていないけれど、ありがたくて、嬉しくて。
これからも、まだまだ、薄桜鬼を愛して突き進みます♪
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


インテ御礼&通販お知らせ <<         ホーム         >> 『幸せな時間-1』(土方×沖田 薄桜鬼SSL)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。