QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2011/08/24 Wed  12:55
十九章 『夜半に泣く声』(薄桜鬼 土方×沖田)

BL要素を含みますので、苦手な方はご遠慮下さい。
また、他章にてR18指定の内容がでてくることもありますので御理解のうえ、お読みください。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2




十九章 『夜半に泣く声』(沖田総司)



 むせかえる血の匂いに、ズンと渇望感が押し寄せる。
 羅刹となった僕にとって、そこは地獄のような世界だった。
 鳥羽伏見の戦いで、敗走を余儀なくされた新選組は、大阪城をへて、将軍の撤退により、江戸へと進路を向ける。
 その船上の一室に僕はいた。
 隔離された場所にはあるものの、外から運び込まれる負傷した隊士たちの血の匂いが、海風に運ばれて、時折、部屋の空気を汚す。
 銃弾を撃ち込まれた体から流れる自分の血の匂いもあいまって、意識をのっとろうとさまよう。
 山南さんが作ったという羅刹の衝動を抑える薬、それでも抑え切れない衝動が時々喉を乾かした。

 こんな形で江戸へ帰ることになるなんて、あの頃は想いもしていなかった。

 土方さんは、これからの立て直しをはかるための連日の会議で忙しく動き回っているらしい。
 たまに、夜遅く部屋に来ている気配がしたけれど、僕は寝た振りをして気付かないふりをした。
 目を開けたら、その場に居座って看病してくれるだろうけど、それは、あの人の寝る時間を削ってしまう。
 だから、気付かないふりをする。
 時折、喉をかすめる咳を必死で押さえて我慢した。


 いつもなら、そうしていればすぐに部屋をでていくのに、その日は全くでていこうとはしなかった。
 床の横に腰をかけ、僕の顔をのぞき、長く、長く、見つめている。
 心臓がけたたましく、鼓動をあげる。
 早く、向こうへ・・。
 願えば願うほど、心臓がきしむ。
 布団の中にかくれ、ギュッと、自分の襟元をつかむ。
 「総司」
 土方さんの甘い声が耳元で名を呼んだ。
 思わず反応してビクリと体を震わせる。
 「総司、起きてやがるんだろう?」
 あきれと、優しさがいりまじる、大好きな声が僕を追い詰める。

 「毎日、毎日、タヌキ寝入りをしやがって、気付いてねぇと思ってるのか?」
 ばれていた?
 それでも僕は、眼をつぶる。
 土方さんに背を向けたまま、布団を握りしめて、耐えしのごうとする。
 「総司」
 生温かい息が、耳元をくすぐる。
 顔が、すぐ近くにある。
 さらに近づく、その吐息に、たまらず、声をあげて手で押しやると、土方さんの顔を見ながら後ずさる。
 土方さんが少し、寂しそうな顔をして、僕を見下ろす。
 逃げられないように、両の手が、僕の両脇に根をおろし、僕の顔を見つめていた。

 だって、うつってしまったら、いけないから。
 ロウガイは死の病、あまりそばにいるのもよくはなく、まして、唇をふれあうようなことをすると、危険度は高くなる。
 そう、松本先生が言っていた。
 触れたい。
 もう一度。
 土方さんの唇の感覚が、今も焼きついて離れないほど、欲しくて、欲しくて。
 血を求める羅刹のそれと同じように、心が乾く。

 なんで、好きになったんだろう・・なんでこんなに・・。

 困った顔で、土方さんは自分の体をおこし、少し離れた場所に座りなおした。
 決して出てはいかない。
 おもむろに話を始める。
 「明日の朝には、港につくらしい。俺たちは、品川にある旗本専用の宿に身をよせることに決まったが、総司と、近藤さんは、敵襲にあってもいけねぇから、松本先生が用立ててくれる場所に入ってもらうことになった」
 たんたんとしゃべるその声音が静かな船内に響く。
 「そこで傷を治してから合流できるようにするから大人しくしていろよ。山崎をそっちにおいとくから・・・」
 とそこまで言って、声が止まる。
 長い沈黙・・・。
 と、ギシっと木の鳴る音をたてて、土方さんが立ち上がる。
 立ち去るのかと思ったが、再び、僕のいる床によって膝をつく。
 覗き込むその瞳が、熱をおびてゆらゆらと光を反射する。
 「土方さ・・・」
 一度見てしまったら、射抜かれたように、眼が離せなくなった。
 さびしげに、疲れきった顔をして。
 「少しだけでいいから、抱かせてくれねぇか?何もしねぇ、ただ、後ろから抱き締めているだけでいいから」
 誰にも、弱さをみせない、鬼の副長。
 どうにもならない今の状況で、日野からずっと一緒にいた、井上さんも淀千両松で命を落とした。
 新選組の為に鬼になると決めたこの人は、涙ひとつみせず、動けるものを切りまわす。
 人の前にあっては、非道なほどの決断をくだすこともあるが、今も昔もかわらず、
 土方歳三という、
 「人」である。

 ずっと、我慢をしてきたのだろう。
 泣きごとひとつはかずに、全部を背負う覚悟をこの人は持っている。
 ただ、心が揺らぐのは、僕のことを思う時だけ。
 僕にだけ見せる弱さ。人としての弱さ。
 それが、この人を傷つける。
 僕は、自分の傷に響かないように、ゆっくりと体をおこして、手をのばす土方さんの腕の中に納まる。
 互いに想いを押し殺し続けるのは、もう、限界に近かった。
 大事そうに土方さんの腕が、僕の背中を抱きしめた。
 落とした顔が、僕の背中に触れる。
 大きな手のひらが僕の身体を抱く。
 余ることなく、そこに納まる感覚が、自分がいかに痩せたのかを物語る。
 何もしない、その言葉の通り、土方さんはただ、僕の身体を抱きしめる。
 僕はただ、その温もりに身をまかせ、闇の中を見つめる。
 ときおり揺れるそのぬくもりから、嗚咽のもれる声が聞こえる気がした。


 翌朝、港につくと、土方さんは、きびきびと隊士たちに支持をだす。
 完全な、いつもの副長の顔に戻っていた。
 あがる鬼の副長たる声に、隊士たちが、わらわらと、慌てふためく。
 そんな図が妙におかしい。
 こんなに切羽つまった状態なのに、何故か可笑しい。
 あのたった数時間の温もりが、こんなにも心を溶かす。

 「ったく、総司、何笑ってやがるんだ」
 別れ際、土方さんが僕のところにやってきた。
 「だって、なんかおかしいですもん、昨日あれだけ泣いてたくせに」
 「泣いてねぇ」
 ちょっとだけ罰の悪そうな顔で、そっぽをむく。
 実際、泣いてたのかどうかなんて見たわけじゃない。
 土方さんの顔は、後ろにあって、僕はそれを見ていない。
 部屋をでていく時の土方さんは、普通の顔をしていた。
 「そうですか?」
 首をかしげて聞く。
 「そうだよ」
 拗ねた声で、眼をそらす。

 「副長、搬送準備、ととのいました」
 島田さんが、向こうから声をあげる。
 それに答えて、土方さんが手をふると、僕の方を向いて笑う。
 ポンと手のひらを座っている僕の頭の上にのせ、くしゃくしゃと髪をかく。
 僕はこれがすこぶる好きだ。
 いつしか、僕は土方さんの背を越してしまったけど、こうしてよく、土方さんは僕の頭に手を乗せる。
 小さい時はよく、
 「ガキ扱いしないで下さい」
 と抗議したものだけど、そんな時でさえ、本当はひどく、その手の感触が好きだった。
 近藤さんもよく、僕の頭をなでたけど、こうして撫でるときの土方さんの表情は、誰にも見せない、僕だけの顔をするから。

 「総司、大人しく、ちゃんと療養してこいよ」
 「さぁ、どうでしょうか」
 僕はおどけてそう言ってみせる。
 「総司!!」
 「あはは、大人しくして欲しかったら、たまには、ちゃんと様子見に来て下さいよ。でないと、山崎くんの胃に穴があくかもしれませんよ」
 「お前なぁ」
 仕方ねぇなと眉間に皺をよせて土方さんが笑って僕の頭をこつく。
 僕もまた笑いかえす。
 熱で浮いてうまく笑えているのかわからないけど。
 剣をふるうこと以外で、僕ができることを、ひとつだけ見つけた気がする。
 僕は、あなたのそばにいる。
 離れていても、いずれ、本当にあえなくなっても、あなたのそばに・・・。
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


十八章 『嘘』(薄桜鬼 土方×沖田) <<         ホーム         >> 二十章 『線香花火』(薄桜鬼 土方×沖田)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。