QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2011/08/24 Wed  12:52
十七章 『嘘』(薄桜鬼 土方×沖田)<R18指定>

BL要素を含みますので、苦手な方はご遠慮下さい。
この章は、R18指定内容となっております。18歳未満の方の閲覧は固くご遠慮申し上げます
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2




十七章 『嘘』(沖田総司)

(慶応三年十一月)

 <<勝って嬉しい・・・・、負けて悔しい・・・・・。
 あの子が欲しい、あの子じゃわからん。
 この子が欲しい、この子じゃわからん、相談しよう、そうしよう。>>

 <<勝って嬉しい・・・・、負けて悔しい・・・>>

 「っ!!」
 びくりと、身体を震わせ、何かを跳ねのけて起き上る。
 「・・あっ・・・」
 冷静になってそれを見ると、土方さんが驚いた顔をして、手を差し出したまま固まっていた。
 「すまねぇ、驚かせたか?声はかけたんだが、返事がなかったから勝手に入った」
 瞠目する僕の顔をみて、土方さんが謝罪をする。
 すこぶる身体が重かった。
 陽光は多少陰ってきてはいたが、まだ夜が来るには少し遠く、羅刹になった身には、ひどく憂鬱な空気を運ぶ。

 血が欲しい、あなたが欲しい。
 土方さんがそこにいる。
 それだけで、身体が啼いた。
 労咳になったと知ってから、僕は、土方さんを拒み続けた。
 労咳は、人にうつる。
 土方さんは、どこにそんな確信があるのかわからないけれど、さして気にもしないように、僕に接する。
 僕がそれを避けるから、ついぞ、唇にふれはしないが、それでも毎日、こうして部屋へやってくる。
 近藤さんの横にあるべき副長に、うつしてしまってはいけない。
 けれど、そう思えば思うほど、土方さんの姿を探した。
 変若水を飲み、羅刹になっても病は消えず、結局何もかわりはしない。
 ただ、時に、死ぬほど喉が渇き、衝動にゆさぶられ、届かぬ思いに、喉をかきむしる。
 それでもまだ、羅刹の力を使うことで、剣が握れる。
 それだけだ。

 当たり前のようにそばにいて、当たり前のように、絡みつき、あたりまえのように、その唇を受け入れていたのに・・・。
 こんなにも、苦しいことだったんだね。

 「大丈夫か?」
 心配そうに覗き込む土方さんに僕は、ありったけの笑みをうかべて
 「大丈夫ですよ」
 と答える。
 土方さんは、不審げに、僕の顔を見詰めたまま、眉間に皺をよせ、
 「そうか」
 と答えた。

 嘘は嫌いだ。
 なのになぜ、この口は嘘を吐く。
 叫んでしまいたい。
 大丈夫じゃないと、触れて欲しいと、何もかも忘れるくらい・・・。
 
 あなたはわかっている。
 だからそんな顔をする。
 何か言いたそうに、けれど、ギュッと唇をむすんで、それを噛みしめた。
 僕に見えないように隠した拳を、ギリギリと握り締めて、スッと土方さんが立ち上がる。
 「書かなきゃならねぇ書類があるから、もう行く。」
 「はい」
 障子に手をかけた土方さんが、立ち止まって振り向いた。
 どこか、悲しげな表情を浮かべ、僕を見たあと、眼を閉じて障子の外へ出る。
 やがて閉じたその向こうに僕は心の中で手をのばす。
 あなたが、欲しい・・・・。

 「は・・・・ぁ・・」
 遠ざかるその足音にすら、身体が反応しようとする。
 布団の中で、身体を丸め、自分の中心を手で探す。
 のろりと起き上ったそれに触れ、眼をつぶる。
 「う・・・ん・・・・っ」
 土方さんの手を感じる。
 優しくつつみ、その感触を確かめるように、滑らかな手のひらが身体を這う。
 もう、長く触れていないその感触が、今も、刻みこまれ、思い出される。
 壊れ物に触れるように、ゆっくりと大事そうに触れた唇が、やがて熱っぽく僕の唇を吸い上げ、そこを割って入りこみ、舌をからませる。
 それに合わせるように、唇を開く。
 「土方・・・さ・・・ん・・ぁ・・」
 それから、その唇は、耳をはみ、首筋を流れて、胸元に紅い跡を残す。
 細く長い指先が、胸元の突起にふれ、柔らかな果実をつかむようにそっとそれをつまみ上げ、その形を確かめるように、何度も、何度も抑揚をつけて転がす。
 「いっ・・・や・・・ぁ」
 時に強く力をいれて摘み、それが離れた瞬間に、それを追い求めるように、胸を前に突き出す。
 その反応を楽しんで、意地悪な笑みを浮かべ、敏感になったそこにねっとりと唾を含んだ舌を、皿に残ったその一滴までを嘗めつくす時のように、執拗に押し付けて這わせる。
 「あぁぁっ」
 自分の手で、同じように、襟の隙間から手をいれて、そこに触れる。
 思い出し、想像し、その感触を追いかける。
 しょせんそれは自分の手にすぎず、土方さんの手ではない。
 けれど、恋焦がれてそればかりを思う妄想がそこにあたかもあるように、感じさせる。
 甘くて、情熱的で、何よりも優しいその手に抱かれる。
 翻弄され、甘い声をあげると、体制をかえて、背中から僕の身体を抱きしめて、もう一度唇をついばみながら、手を下半身へとすべらせる。
 込み上げる恥ずかしい声を抑えようと手を噛むと、「傷がつく」とその手を離させ、必ずあの人はそのついた歯型を舌で舐める。
 自分の唾と土方さんの唾が絡み、その柔らかい感触が余計に身体を疼かせた。

 再び滑り込ませた指先が、僕を、ゆっくりと転がす。
 土方さんが、触れる時、それはいつもとてつもなく優しくて、一つ一つ、大事なものをいたわるように、確かめるように、這う。
 「ふ・・・っんんっ」
 そのやんわりとした手触りに、恥ずかしくて仕方がないのに、自然と腰が浮いて、自分からそれを求める。
 優しく細めた眼で僕を見下ろし、愛おしそうに首筋を舐めた。
 「や・・ぁ」
 こうして、後ろから抱きしめられる時、僕の心は何故か、いつも安心して、背に伝う解けるようなぬくもりに、身をゆだねる。
 その腕に抱かれる、あの時間だけ、土方さんは僕だけのものになる。
 僕を見る、僕だけを見ている。僕のことだけを考えてくれる。

 『総司』
 耳元でささやく声音に、ゾクリと背中が波打つ。
 そうして、動く指先の甘さに、翻弄されて、じわりと目元に涙が浮かぶ。
 「ふ・・・・ぁ・・」
 『総司、愛しているよ』
 留めをさす囁きに、身を震わせ、手のひらの上に果てる。
 「っ・・・・あぁぁ」
 いつもこの瞬間に、糸が斬れたみたいに身体の力がぬけて、それを土方さんが支えてくれた。
 支えて・・・・・。



 くれない・・・。
 それは、土方さんではなく、自分の手を汚し、むなしさだけが、押し寄せる。
 「・・・・・」
 涙がこぼれた。

 『素直じゃない』
 土方さんに何度も言われたその言葉がよぎる。
 何故?どうして?
 あなたは悲しい顔をする。
 昔も、今も・・・。。
 僕さえ、素直に求めれば、きっとあなたは答えてくれる。
 それでも僕は、嘘を吐く。
 僕はあなたに何ができる?
 僕はあなたに何を返せる?

 「ゴホゴホ」
 とめどなく、咳があふれ、汚れていない方の手で口をおさえる。
 「…土方さん・・・・」

 <<勝って嬉しい・・・・、負けて悔しい・・・・。
 あの子が欲しい、あの子じゃわからん。
 この子が欲しい、この子じゃわからん>>

 土方さんが・・・欲しい。
 僕は、誰ともしれない黒い影に、拳をつきだす。
 負けて悔しい・・・・・・。

 いくらだしても、勝てず。
 僕は泣きそうな顔であなたを見る。
 あなたは悲しげに、何かを言いたそうな顔をして。
 それでもあなたは、僕の為に、大丈夫だと、次があると笑う。

 どうしたら、僕は勝って、あなたのところへ行けるだろうか?
 わかっているのに・・・・嘘を吐く。
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


十六章 『零れ落ちる想い』(薄桜鬼 土方×沖田) <<         ホーム         >> 十八章 『嘘』(薄桜鬼 土方×沖田)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。