QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2011/08/24 Wed  12:46
十四章 『十六夜の月』(薄桜鬼 土方×沖田)

BL要素を含みますので、苦手な方はご遠慮下さい。
また、他章にてR18指定の内容がでてくることもありますので御理解のうえ、お読みください。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2




十四章 『十六夜の月』(沖田総司)

(慶応元年五月)

 この月、将軍の上洛に伴い、新選組は、二条城の警護をまかされていた。
 僕は、留守居に回されていたので聞いた話だが、二条城では、風間、天霧、不知火など、池田屋で一度交えた、「鬼」と名乗る存在との一悶着もあったらしい。
 が、それはさておき、この警備のおり、近藤さんと、意気投合した医者が屯所にやってくることになったのだ。
 体調を崩す隊士も多かったため、健康診断をと頼み込み、来てもらったのだそうだ。
 僕が、自分が、労咳にかかっていると知ったのは、この時のことだった。
 けれど、土方さんが、それを知ったのは、それからまだ後のことだ。
 黙っていてくれと言ったのに、土方さんが問いただし、結局、松本先生が口をわってしまったらしい。

 それから数年の間に、様々な事があった。何より大きかったのは、将軍が変わったことだろう。
 一橋慶喜。長く続いた江戸幕府の終焉を飾ることになる将軍。
 英名で、天使様の信頼も熱く、近藤さんは、色めき立っていたけど、土方さんは、落ち着かなげに、よく愚痴をこぼしていた。
 僕は、別にどうでもよかったけどね。
 どう転んだとしても、僕にできることなんて、ほんの少ししかない。
 この身が朽ちてしまう前に、少しでも多く、新選組の前に立ちふさがる敵を斬ることだけしかできないのだから。

 さらに、慶応三年三月には、山南さんが生きていることが、伊東さんにばれてしまい、黙っていることとひきかえに、御陵衛士として一君や、平助を含む伊東派の隊士たちが離隊していった。
 土方さんは、一くんに、何かを頼んでるらしいけど、それは周りには、秘密のことらしく、僕にも何も語らなかった
 そういうところは、ちょぅっとムカツク。
 僕にくらい、言ってくれてもいいじゃない。
 まぁ、聞いたから何ってことは全くないけどね。



 >>>>

(慶応三年 夏)
 刀を握りしめては、震える手を抑え、そればかりを繰り返す。
 島原で、秘密裏に宴席を開く尊攘浪士たちを取り締まるべく、御用改めが行なわれた。
 その時、遭遇した、風間の言葉がひっかかる。
 「捕物に、病人までかり出すとは、な。やはり新選組はよほど人手が不足してるとみえる」
 まともに剣も震えない、張り子の虎。
 まさに言葉の通りだった。
 自分の病状は、あきらかに悪化をしていて、御用改めについていっていることさえ、奇跡に等しい。
 伊東さんについて、一君や、平助が新選組をでた今、人員不足は否めない事実だ。
 土方さんは、
 「命がけの戦いがあるかもしれねぇからこそ、一番組組長、沖田総司をつれてきた」
 と風間を睨みながら言っってくれたけど、あの時、もし、土方さんが止めにこなければ、僕はは確実に、風間にしとめられていただろう。

 時折、嫌な咳が思考回路の邪魔をする。
 手からこぼれ落ちそうな剥き身の刀を両の手で握り、握っては離す。
 肩に当たって、胡坐の間にストンと落ちる。
 柱を背にもたれたまま、一人、冴え渡る十六夜月を眺めていた。



 「総司?」
 いつから見ていたのだろう、庭先から、土方さんが声をかけてくる。
 月明かりに照らし出された顔は、島原で、さんざんもてるのもうなづけるほど美しく整っている。
 僕は、一瞥すると、気のないふりをよそおって、眼をそらす。
 ムッとした顔をした土方さんが、ズンズンと近づいて来て、後ろから頭をこついた。

 「こら、総司。無視するんじゃねぇよ」
 目をそらしたまま、憮然とした声で言う。
 「お邪魔虫が来たから見なかったことにしたんですけど。」
 目は合わさない。
 「ひでぇやつだな。」
 石段に草履をぬいだ土方さんが、よいしょと縁側に昇ってくる。
 身をかがめて、空の月を見上げてから、僕の横に腰をおろす。
 横に転がしていた、もう一振りの脇差を手にして、鞘をつけたまま前につきだす。
 もう一度、引き寄せて、ツバを引いてカチリと戻す。
 僕はそれを目を細めながら見ていた。
 うつさないように、なるべく、距離をとりたいが、土方さんは、構わず、いつも近い場所に座るから困る。
 昔から変わらず、労咳だと知ってからも変わらず。
 僕が落ち込んでいる時には、必ずといっていいほど、横にくるおせっかい。
 でも、たまらなく、嬉しくて、嬉しくて・・・その胸に寄り添いたいと思うのに・・・。

 「気にしてやがるのか?風間が言ってたこと」
 本当に、この人はいつも、お見通しすぎて、ストレートに痛いところに入ってくる。
 それは、僕のことを一番理解しているからで、誰よりも僕の事を思ってくれているからだ。
 そうであることは、何よりも嬉しかった。
 嬉しいけれど、心が痛む。
 僕にできるのは、人を斬ることだけなのに、この身はどんどん朽ちていく。
 その刀を握ることさえ・・・。
 不器用で、心配性で、一人で人一倍、いろんなものを背負いこむ愛しい人。

 力になりたいのに、どうしてうまくいかないのだろう。
 近藤さんに対しても、土方さんに対しても、何かをしようとすればするほど、うまくいかない。
 一緒に・・・・そう・・約束したのに。

 「誰がなんと言おうが、新選組の1番隊組長はおまえしかいねぇ。そうだろう?その手に刀が握れなくなっても、動けなくなったとしても、お前と共に、この新選組を、近藤さんを、押し上げる。それだけはかわりはしねぇ。いつもみたいに、悪態ついて、喧嘩を売ってくれねぇと、調子がくるってしかたねぇ」
 背中合わせに柱にもたれ、土方さんがまっすぐな、通る声で言う。
 「土方さんが調子を崩してたら、それはそれで面白いじゃないですか。」
 悪戯っぽくいうと、
 「なんだとっ」
 土方がさんの体が、後ろ向きのまま抗議をしめす。
 「あはは」
 自然と笑みがこぼれる。
 きっと、ものすごく真面目な顔で言っていたのだろう。
 土方さんの表情を思うと、おかしい気持ちになってくる。

 本当に、かなわないね。

 それでもねぇ、土方さん、僕には、この腕でしか、この手で邪魔者を斬ることしか、できないんですよ。
 ねぇ、土方さん、こんなにも、あなたの事が好きなのに・・・僕は・・・。

 二人、背中あわせのまま、静かに、空を見上げる。

 十六夜月。
 満月を超えて、かけゆく月。
 かけてもなお、
 かけたることを気付かせずに輝く。
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


十三章 『斜陽に気づかず』(薄桜鬼 土方×沖田) <<         ホーム         >> 十五章 『十六夜の月』(薄桜鬼 土方×沖田)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。