QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2012/05/15 Tue  22:24
『甘い誘惑のHappy Birthday−3』(土方×沖田 薄桜鬼SSL)

R18指定BL小説です。
18歳未満の方、またBL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。



『甘い誘惑のHappy Birthday−3』(土方×沖田 薄桜鬼SSL)
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2


「や・・・・・んっ・・・・もう無理・・・・」
ベッドの上で足を開き、俺の胸の下でとぎれとぎれの声をこぼす。
俺はそんな総司につながったまま、笑みを浮かべて見下ろす。
「も・・・・・3月のダメダメ土方さんはどこにいったんですか」
総司が、怒ったように、頬を膨らまし、顔をしかめながら睨む。
「だから、不能じゃねぇって言ったろ」
腰をゆすると、総司の色っぽい声と共に、ギシッとスプリングのしなる音が鳴った。

「元気すぎですよ、おっさんのくせに!!」
「おっさんとか言うな、ガキ」
総司の口がこぼす愚痴に、俺も楽しげに返答を返す。
「やっ・・・・・あんっ・・・・」
次の句を返そうとする口が開く瞬間に、意地悪く、総司の感じやすい場所をつくと、開いた口からは、不平ではなく、さらに甘い声が漏れた。

火をつけた総司が悪い、とばかりに開き直った俺と共に、もう幾度となくいった総司は、もはや抵抗する気力もなく、ベッドに全体重を預けている。
耳にはウサギの耳がついたままで、へなへなと、腕を曲げて、顔の横で掌をグーにしている姿は、愛玩動物以上の可愛さで、意図せず俺をあおる。
途中、せっかく用意したからと、総司が腕に巻いてみた黄緑のリボンが妙にエロさを倍増していけない。
俺の目がおかしい!!と、十中八九、大多数の人間に言われそうなのは百も承知だ。
いいかげんやめないと総司が壊れちまうよなぁと、意識の遠い向こうで真面目な俺が腕を組む。
「あっ・・・・・ぁ・・・」
「くっ・・・」
無抵抗に目をうるませて、痙攣し、俺の腹を汚す総司の姿に、再び、ゾクゾクとしたものが走り、総司の中に欲望を放つと、荒い息を繰り返しながら総司をつぶさない程度に覆いかぶさって額にキスを落とした。
ゆっくりと総司から自身をぬくと、横に転がる。

「僕・・・・もう・・無理・・・」
「俺もさすがに・・無理だ・・・」
コロンと転がって俺の懐に入ってくる総司を腕をのばして抱え込み、苦笑をもらす。
ハァッと大きく深呼吸して、総司の髪をなでた。

「ありがとうな、総司」
「???」
まだ力なくキョトンとした顔で、総司が、下から上目遣いに見上げ、首を小さくかしげる。
「がんばってくれて、ありがとうなって言ってんだよ」
極上の笑みで顔を覗き込むと、今さらか?という勢いで、また頬を真っ赤に染めて行く。
いつもの意地の悪い言葉づかいと、五月蠅い口はどこにいったのかというくらい、俺を意識している総司はとめどなく可愛い。
「ま・・・・・満足できましたか?」
フイッと顔をそらして小さな声が聞いてくる。
「これ以上ないってくらい満足だよ」
そっぽを向こうと身体を動かす総司をもっと密着するように抱きよせて、髪に顔をうずめ、ヒョコリとついたウサギ耳をいじる。

「しかし困ったな」
ふと、俺が、頭に顎をのせたまま首をそって上を見上げながらいう。
「??」
なんだろう?っと、動く総司の頭が俺の顎を小さくおしあげる。
「俺の誕生日プレゼントがこれだろ?とすると、総司のプレゼントはどうするかなぁと思ってな。俺もリボンかけて、総司を待ってたらいいか?」
グリッと顎で頭をかき回しながら言う。
裸でリボンかけて座っている俺に加え、さらなるへんてこな想像した総司が、ボンッという爆発音がしそうなくらい顔を真っ赤にして首を振った。
「何想像してんだ?」
「ち、違いますっ!!普通のプレゼントでいいですってば」
あわてて、布団にもぐろうとする。
それを俺は足で阻止した。
「布団、汚れるぞ」
「わわわわ」
隠れたいけれど隠れられず、腕の中でうごめく。
俺はさらに意地の悪い顔で、嬉しげに笑った。


>>>

しばしまどろんで、すっかり日も沈む頃、やっと二人して身体を起こした。
食べにでかけるのも億劫で、ピザの宅配広告をとりだす。
「何にする、総司」
「土方さんの好きなのでいいですよ、誕生日だし」
服を着た総司がクッションをつかんで、チョコンと横に座ってテーブルの上に腕をおいて乗り出す。
「いいから、選べって。この中なら、どれでもいけるしな」
「そうですか?えーっとじゃぁ・・・・」
うーんと唸りながらあれでもないこれでもないと探す。
相変わらず優柔不断だ。
「選びきれなかったら、この4つ選べるやつとかにすればいいんじゃねぇか?」
「あぁ、その手がありましたね。えっとぉ、じゃぁ、これとこれとこれとこれ」
「おう」
総司の指さすメニューを覚えながら、電話のプッシュホンを押す。
ピザやサラダ、サイドメニューなどをみつくろって注文し、受話器を置いてひと段落した。

「はぁ、しっかし、もうゴールデンウィークも終わりか。短いな」
「そりゃそうでしょうよ、土方さんが仕事いれるから、前半潰れたんじゃないですか」
そうなのだ、何やらいろいろと、頼まれたり、後回しにできないと思う仕事があって、前半はほとんど学園に出勤していた。
「好きでいれてるんじゃねぇって」
ハァとため息をついて頭を押さえる。
「僕が思うに、土方さんは押しに弱すぎだと思います」
ヨイショと身体を動かし、俺の懐に入り込んで胡坐をかいた足の上に座り、フフフと笑う。
「押し?」
「はい。押しです。断るのに面倒くさくなると、半切れで引き受けちゃうじゃないですか。」
「半切れって・・・・」
苦笑する俺の腕の中で、さらに総司は笑みを浮かべて続ける。
「そのうえお人よしだし、ほっとけないお母さん性分だし」
「・・・・・・・」
「まぁ、僕に対しては、いつまでもそのままで全くかまわないですけどね」
嬉しそうにニコニコしながら、俺の方を振り向く。

全く持って、総司という人間は、見ていないようで、人の事をけっこう見ているところがある。
面と向かっていわれると、あらためてへこまされることしきりなのだが。
俺にはあまり自覚はない。
総司を抱えたまま、俺はさらに遠くに目線を飛ばした。
「俺ってそんなに・・・・」
コツンと総司の頭におでこをぶつける。
「なんですか?」
笑みを浮かべながらクスクス笑い、総司が俺に体重を預けて、服をひっぱる。
「・・・・なんでもない」
ハーッと大きくため息をついた。

また一つ年をとった。
しかし、今一歩成長していないらしい自分に脱力する。
総司を見ていても、別に特段成長した様子もないし、俺の中ではやはりどこまでも手のかかるガキのまんまだが。
ここ数カ月で、総司は多少、人を気づかうということを覚えた。
何かをきっかけに、大きくかわるのかもしれない手の中の恋人は、俺をいつまで好きでいてくれるのだろうか。

年老いた自分が、総司に介護でもされてた暁には・・・・・・。

あぁ、もう、駄目だ。
げっそりと肩をおとし、総司に全体重でのしかかる。
「もうっ、土方さん重いーーーーーっ!!
総司が身体を前屈させられて、わめく。
「時計の針が止まればいいのに・・・・」
と、総司を押しつぶしたまま、切実な声でつぶやいた。



<<次回更新予定:薄桜鬼SSL 不知火×原田 『タイトル未定−1』全2回予定>>
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


『甘い誘惑のHappy Birthday−2』(土方×沖田 薄桜鬼SSL) <<         ホーム         >> 拍手御礼(4/14〜5/21)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。