QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2014/05/12 Mon  22:02
『大好きな人と、大切な人-4~薄桜鬼SSL~【土方×沖田】』

BL小説です。
BL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。


『大好きな人と、大切な人-4~薄桜鬼SSL~【土方×沖田】』

「よう、土方さん。これからどうするんだ?よければ、ちょっくら飲みにいかねぇか?つっても、土方さん飲まねぇんだろうからなんともだが、こいつと、新八と、種村も来るってんだが、たまにはどうかと思ってな。」
披露宴もたけなわとなり、横で立ついつもの仏頂面をした不知火をさしつつ、原田が声をかけてきた。
「あぁ、でも、そうすると、総司がまた拗ねるか。せっかくのサプライズの後だしなあ」
言ってから、向こうにいる総司を見て意味しんな笑みを向ける。
「ちょっと、サノさん。ひどいじゃないですか。僕がいっつも拗ねてるみたいな言い方しないで下さいよ」
向こうで、斎藤と話していたが、分かれて来たらしい総司が、話を耳にして近づいてくる。
「いつもじゃなったか?」
ん?と楽し気に原田が首を傾げながら笑う。
「ちがいますよ。僕だってね、ちょっとは成長してますから。コレくらいなら、心の広さもありますもん」
そう言いながら手で大きさを表すが、これくらい、が指の節ひとつ分ときている。
「すくねっ!」
それを見た原田が、遠慮なく突っ込んで笑った。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

2014/05/05 Mon  21:32
<ワリコミ企画>『最愛のプレゼント』【土方×沖田】薄桜鬼SSL-卒業後編-

R18指定BL小説です。
18歳未満の方、またBL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。


公式であるわけではないけれど、今日は土方さんの誕生日!
ということで、ワリコミ企画です。
もう、最近さっぱり季節ネタもできない状況なですが、ふいに浮かびまして。
急遽かいたので、ちょっと内容薄くてあれですが、お楽しみ頂ければと思います。

ちなみに、本編ではなく、同居後の沖田さんが高校卒業した後のお話になります。



<ワリコミ企画>『最愛のプレゼント』【土方×沖田】薄桜鬼SSL-卒業後編-

□沖田総司□

どうも、僕です。
沖田総司です。

今日は、土方さんの誕生日なので、ちょっぴり頑張っちゃいますよ♪
ということで、夜のニャンニャンコースを前に、まずは、やっぱりケーキをね、用意しないといけないなぁと奮闘中です。

といっても、さすがにスポンジケーキとか、僕にはハードルが高いので、いろいろ考えたわけですよ。
そもそもさ、土方さんて、甘いもの嫌いじゃない。
普通のケーキを作ったところで、どうせ眉間に皺いっぱい寄せて食べるんだもん。
だったらさ、好きなもので作ればいいじゃない!と思ったわけ。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2014/05/03 Sat  17:31
『大好きな人と、大切な人-3~薄桜鬼SSL~【土方×沖田】』

BL小説です。
BL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。




『大好きな人と、大切な人-3~薄桜鬼SSL~【土方×沖田】』
□□□
待ち合いの場所に向かうと、総司が、買ってもらったらしいジュースを手に、ポツンと一人椅子を陣取って携帯電話をいじっていた。
「総司」
「あっ、土方さん。もういいんですか?」
俺の声に顔を笑うと微妙な顔ではじかれたように首を上げた。
「ああ、今から、最終打ち合わせらしいからな。ったく、近藤さんもツネさんも心配していたぞ」
「・・・・・だって」
俺は横に座り、少し崩れた髪をチョイチョイと指で直してやりながら顔を覗き込む。
「だって、やっぱり、どうしたらいか、わからないですもん・・・別に、祝福してないとか、そういうんじゃないけど」
うーんと総司の目線が泳ぐ。
「あぁ・・・いいんじゃないか?最初はどうしても居心地悪いもんだ。俺だって、姉貴が結婚した時は、正直どうしたもんかと思ったしな。」
総司の横に腰を下ろしながら話を続ける。
「土方さんが?」
総司が驚いた顔をする。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


2014-04- <<         ホーム         >> 2014-06-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。