QLOOKアクセス解析
同人誌「眉間のシワをギュギュッとね!」を
フロマージュ様にて委託配布して頂いております。
名称未設定-2

↑↑↑表紙絵をクリックすると、通販サイト[フロマージュ様]へ飛びます。

インテックス大阪で開催される大型即売会とゆきさくらに参加しています。


土方さん僕ともふもふしましょうよ!
↑↑↑こちらのアンソロジーに参加させて頂くことになりました!! 土沖で、けものまみれとか、幸せです。 宜しくお願いします。

薄桜鬼オンリーイベント【ゆきさくら 第五章】

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2014/01/19 Sun  20:36
『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-4』(不知火×原田 薄桜鬼SSL)

R18指定BL小説です。
18歳未満の方、またBL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。



『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-4』(不知火×原田 薄桜鬼SSL)
□■□

夕食を終えて、原田が洗物をしていると、不知火が、後ろから原田に腕をまわし、覆い被さるように抱きついてくる。
「不知火、邪魔」
カチャカチャと食器を洗いながら原田が体を揺すって抵抗した。
「えー」
「もう、向こうで座ってろよ」
テキパキと片付けてしまいたい原田としては、できれば黙って向こうで座っていて欲しいところだ。
「だってよう、待ちきれねぇんだもん。原田の制服」
不知火がぺったりとくっついて、顔を寄せる。
原田は、思い出して、おもいっきりゆっくり片付けをしたい衝動にかられた。
「うぜぇ」
原田はそう、冷たく言いながら、手を動かす。
不知火は、そんな原田のシャツをめくり上げてでた腕を、上から覗いて高揚している。
不知火は、そういう、ふとした、原田の仕草からでる血管の動きが好きらしい。
「なぁ、早く」
「うるせぇなぁ」
はーっとため息をつきながら原田は、白んだ顔で、目を中央へと寄せた。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

2014/01/13 Mon  18:25
『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-3(薄桜鬼SSL 不知火×原田)』

R18指定BL小説です。
18歳未満の方、またBL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。



『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-3』(不知火×原田 薄桜鬼SSL)

「なんだこりゃっ!!」
ほどなくして、降りてきた開口一番そう叫ぶ。
倉庫の中は、不知火によって、掘り起こされた不知火にとっても宝物がフリーマーケットのごとく広げられていた。
「あ、原田。このノート、俺にくれ。っていうか、むしろ、これ着てくれよ」
「はあ??」
振り向いた不知火が、これまたにんまりと笑みを浮かべて、箱の中から服を取り出した。
「げっ!!!」
それを見た原田が、あきらかに、嫌ーな顔で、目尻をヒクヒクと動かした。
それは、原田にとってとても覚えのある服だ。
「おま・・・なんでそんなもん持ってんだ!」
「いやぁ、原田が言ってた荷物外にだしたらさぁ、時間あまったし、ちょい、奥の方を見てたら、みつけた。」
満面の笑みで不知火が歯を見せる。
それは、まさしく、不知火が喜びそうな代物だ。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

2014/01/02 Thu  18:40
『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-2』(不知火×原田 薄桜鬼SSL)

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

今年もまだまだ、薄桜鬼熱冷めず、3月の劇場版映画も、SSLも全力待機で。
そして、たくさんの薄桜鬼ファンの皆様と絡めると良いなぁと願ってやみません。

皆さんにとって、良い一年になりますように。
そんなわけで、年をまたいでおりますが、薄桜鬼SSL。不知火×原田のターン。スタートです。


R18指定BL小説です。
18歳未満の方、またBL要素を含む作品が苦手な方はご遠慮下さい。



『心萌える秋、今日も仲が宜しいようです-2』(不知火×原田 薄桜鬼SSL)

リビングに戻り、キッチンテーブルの椅子に不知火が腰掛けると、原田が、少しだけオーブンを追加で回したホクホクのスイートポテトを用意して、机の上に並べる。
それから、二人の愛用マグカップをだして、ドリップをセットすると湧いたお湯をゆっくりと注いだ。
ふわりと広がる香ばしい香りは、目をつぶれば喫茶店にでも訪れたような気分になれそうだ。
最も、原田の手作りの菓子が自分の前に置かれた時点で、不知火は、そういう気分になれた。
どれだけ小言を言われても、言いくるめられても、自分だけが独占できる原田との時間がある。
何より、毎日、入れてもらえるコーヒーも、手作りの料理も、誰よりも多く食べられる特等席。
それを失うくらいなら、なんとでも言われていいと思ってしまうのだ。
気に入っていただけましたら、
ポチッと押して頂けますと嬉しゅうございます。↓
web拍手 by FC2

プロフィール

十六夜桜(通称:野良猫)

Author:十六夜桜(通称:野良猫)
野良猫と申します。
あっちでは薄桜鬼、こっちでは白華の檻と乙女ゲーに踊らされております。

お読み下さい

※当blogにある画像及び、小説等について、転載及び、個人で楽しむ以外の使用はご遠慮下さい。

※タイトル欄や本文に<R18指定>と記載されているものにつきましては、教育上宜しくないと思われる内容を含むおそれがありますので、18歳未満の方の閲覧を禁止させていただきます。ご了承下さい。


※SSLシリーズでは、特に公式にない設定をかなり、作っております。
おい!って思われるだろう設定もあるかもしれません。 特に、たとえ、史実をほのめかす内容があったとしても、史実の隊士たちや、御家族にも、全く無関係の創作であると強く主張致します。
公式を離れた内容に抵抗がある方にもお勧めできませんので、宜しくお願いします。 それらもふまえたうえで、それでもOKという方のみ、ご覧下さい。


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

PIXIV

カウンター(8/23から)


2013-12- <<         ホーム         >> 2014-02-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。